悩むっておもろい

悩むって大事やな。と気づく昨日。

なんか最近やたらと、SNSの広告でだるっと目元。みたいな広告出てくる。年齢や性別で出てくるんだろうけど、そんなこと気にしたことなかったので、見ることもなかったんだけどね、ビビるほど出てくるねん。

ヒアルロン酸の鍼美容みたいなやつ。

でね、見てみると、成分が寝ている間に目元に入って、朝起きたらふっくら。みたい。

 

悩んでいる人には救世主なんかな。

で、考えててんけど、悩むってあかん行為やと無意識に思ってない?

悩むって、良くも悪くもない行為なわけですが、その悩みによって2つの道に分かれるよね。

そこが面白い分かれ道で、1つは、悩むことで気持ちが「落ちる」人ね。しょーもない根拠のない、それっぽい情報ばかりが目に付くようになり、余計不安になり、悩みが増す人。

 

そしてこっちの人。悩む=なんでやろ。の人。このヒアルロン酸の例でいうと、「目元や顔面が落ちてくる」が悩みなわけでしょ?それはなんでやろ?やねん。

もちろん細胞が老化して落ちる。そうやねんけど、それだけちゃうやん。

顔面っていろんな部位があるでしょ?例えば、おでこ、目、頬、口、大きく分けてもこんだけあって、しかも頭皮も顔やん。顔と繋がっているからね。

下がってくるってことは、うまいこと筋肉が使えてないねん。

せやし、いくらその悩みの部分になんかの汁を入れまくったところで、下がってくるねんから、あとは、よく整形の失敗みたいなんで見るけどその部位を腫れさして「ふっくら」と勘違いするしかないやん。

でさ、この顔の筋肉で1番動いてないというか、動いてると勘違いしている筋肉が頬です。

頬自体を引き上げるってできる?

引き上げているつもりが、口で持ち上げて余計にほうれい線作る人もいるし、引き上げているつもりが、目がそれを持ち上げちゃってる場合もあるやん。

これはヨガのクラスでもいつもお話しするけど、いろんな部位は連動しているんだけど、腰や太ももはめっちゃ頑張るけど、その間の股関節周りまったく動いてないとかさ。よく言うてるでしょ。それと一緒やねん。

 

とりあえず、鏡持ってきて、頬の筋肉だけで引き上げてみ。上がらんから。

そして、ここで1番大事なこと。動いてないってことは、いまから「動く可能性に満ちている」ってことです。伸びしろしかないねん。動かないから、そこは動かない場所じゃなくてね。「あきらめないで!」(真矢みき)なのです。

 

私はヒアルロン酸やらなんやらには全く興味がないのですが、こうなってくると俄然やる気が出てきちゃうわけです。頬動かんでー。でも毎日やってみ。絶対動くようになるから。ほんでその途中がめちゃくちゃおもろいねん。頬が動こうとする変化。まず、口しか動かん。目しか動かん。そこを手で押さえて動かないようにしながら、練習。でも、全く動かん。

で、手で動く方向を頬に教えます(優しくね)。すると、何回かすると頬が動き出す。そして、なんか痙攣みたいにぴくぴくしだしたり、いつでもやりたくなって、コーヒー飲みながら、テレビ見ながら、運転しながら、遠くを見つめながら、逆ウインクしている変な人です。

でさ、ここまできたら、自分の顔がなぜ下がって見えるのかが見えてくるねん。

頭皮が固い人もおるし、食いしばりすぎの人もおる。

顔の各箇所をほぐしてあげるだけで、めちゃくちゃ顔色変わるぜ。

 

また知りたかったら、クラスで言うてね。

私の新技見したるわ。

 

ま、そんな話はええとして、本題ね。(おそっ!)

悩むことは別にええねん。そこから「なんでやろ」に進んだら「落ち込む」ことがないよってことさ。そもそもそういうことかーって逆にあきらめるっていうか、手放せる。ほんだら、あとは情報収集。ここ大事。根拠のない誰かが言うてた、知らんけど。な情報じゃなくて、お金もらって広告に出ている、ほんまの年齢かわからん人信じるんじゃなくて、ほんまのことを探すねん。意外とシンプルやったりするで。せやし、あとは「やるだけ」やん。やりたいならね。

 

そこからは、腐るな、諦めるな。です。

あーおもろ。

 

人体実験中のことが増えて、わくわく増殖中。

 

 

 

こころのそばに。