元に戻れた。

コロナ禍でさ、人に会わなくなる前から産前産後含めると早5年も思うように人に会えなくなってた。産後元気でもさ、もう同世代のみんなは子供が大学生だったり、大人なわけで、そんな中赤ちゃん来たら初めはええけど、めんどくさいやろ。

私もそうでした。だれかが産んだら友達リストというか、飲み仲間からは排除してた。

それが嫌やった話じゃなくて、その時はその時に必死になることあって、それ以外考えている暇もないからさ。

 

今回は「人に会う」って話。

 

いまは、みんなほぼLINEでしょ。

便利でええけど、それはその中のコミュニケーションで、「会う」とは違う。

それはこのコロナの状況になり、みんなが感じだしていることかもしれません。

でね、私はほぼ野外での活動なので、比較的人にも会うというか、外で話すねん。

あることをきっかけに、私は「自分に正直に、(ま、もともと馬鹿正直だけどね)もっと直感で生きる」って決めたというか、「わたし幸せになってもええんや」って思ってん。

誰かの役に立たんくてもええんや。って。

もちろん役に立つのはええことやし、助かることやけど、そこを軸に自分の価値みたいなものを考えないって感じかな。

 

で、最近の宇宙人の出会いから、はっと気づいてやり直していることがある。

宇宙人の会が終わってみて、「あれ?わたし誰にかっこつけてるんやろ」「どう思われたくてあの話したんやろ」って。もやもやしてん。

これはほんとにありがたいことにめちゃくちゃ心の近い人に会えたってご縁のおかげさまやねんけど、なんか、嘘ついたりしたわけじゃなくて、もちろん話をおもろくしたい!ってのもあるけど、なんかほんまの無意識レベルで「こう思われるといや」とか、「そう思われたい」があるんかなーって。これは思考の癖なので、すぐどうこうちゃうねんけど、この人たちの前では自分のままでいたいと思えたんよなー。がんばってない、どうしようもない、おもろない、そんな自分でもええわ。って。

もしかしたら、「めんどくさいやつ」「きも」「そんなん知らんわ」って思われても、なんかええねん。私が好きやし、それでええわって。なんかぐるん!て元に戻れた気がした。

わたし、そういう人やったなー。ほんでその自分のとき、めっちゃ自分も好きやったなーって思い出した。がんばるよりもわくわくして、もう考えるより前に動いてたなー。って。

 

動きすぎでいろいろ迷惑かけたので、そこは少しは成長したのと、老化もあるのでぼちぼち行こかな。

実際に人に会うって喜びや発見があるなー。

 

 

こころのそばに。