change the world

こないだ観た映画でさ、

売春婦の女の子と、Denzel Washington演じる元CIAのホームセンターの店員という2人の会話でハッとした。

夜中のダイナーで、売春婦は客待ち。彼は奥さんを亡くし不眠のため読書。
顔見知りだけど、話すこともなかった2人だけどひょんなことで話すことになり、彼女は歌手になりたくてロシアから来たのに、今はそんな夢叶うわけないという。こんな彼女に何にでもなれるよ。と、応援する。


するとね、
彼女が一言。


あなたの世界ではね。


って。
で、彼は

じゃ、お前の世界を変えろ。



これ。
あー!!!!!!
わたくし脳みそぐるぐるーーー!!!!!!!

ヤバい!
そういうことか!


これよくあるよね?
誰かになにか言われて、あんたやしできるんやん!とか、若いしやん!とか、金あるしやん!とか、元気やしやん!とか、

あなたの世界ではね。って言葉。

うわー!change the worldって外の世界をなんか例えば平和にするとか、そういうことやと無意識に思ってたかもなー。

ちゃうんやわ。
私が私に作ってる世界やん。それ変えるねん。
うわわわわ。

これ気づき大き過ぎて衝撃すごかった。
だってさ、無意識にそういうもんやって思ってることも自分が作ってる世界やねんで。


うわー。どうする?
でね、作り直してるねん。
単純。
でも、少々パニック。

だってさ、受け身でできた環境もあるやん。
いいとか、悪いとか考えもしてないことも含めたら、私の世界になんでこれあるんやろってこと山盛りでっせ。

なんでこの人と友達なんやろ?とか、なんでここにいるんやろ?とか。

で、手始めに今まで出会った人の中で疎遠になったりしてても会いたい人だれかなーって考えてたら、小2のときに大好きだった友達を思い出したので、探してみた。
そしたら、話がコロコロコロコローーって転がって来月会えることになった。

本当にしたいことはなんだろう?って考えてたら色んなこと閃いて毎日コロコロ世界が変わってる!私の世界が変わると見える世界も変わってさ、これ、change the worldなんやな。
世界を平和にするんやないやな。
自分の世界の話なんやな。
それが世界の平和なんやな。

あー!まだまだやることいっぱいだ。