ハードなデトックス

シュンシュン2回目の予防接種。

注射平気みたい。強いわ。

でもさ、その後やねん。前回も2週にわたって予防接種やってんけど、2週とも5日も便秘になって、かわいそうでした。

今回は、大丈夫かなーと心配していると、夕方、うんこしたので、よかった〜と一安心していると、その中にスライムみたいな粘液が。別に血液が混じっているわけでもないし、色が悪いわけでもないので、様子をみることに。ま、出るだけええわ。

 

安心してシュンシュンをお風呂に入れて、母が上げに来てくれていたので、手を借り風呂上がりに授乳して、そのまま母を見送って鍵をかけた。

風呂上がりで暑いのか、シュンシュンとくっついているから暑いのか、パジャマはもちろん、背もたれにしているクッションまでグッショグショに汗かいてる。全身に滝のような汗。唇しびれてきた。なんか変だなーって思ったんだけど、そのまま寝室へ。

授乳しながら寝れば、なんとかなるだろうと思ったんだけど、あかん。

シュンシュンかかえたままトイレに。

うんこなんか、吐くのかわからんけど、とにかく片手でズボンを下ろすことに格闘。

で、ストーンといつも通りうんこ出て、すっきり。

ま、これで大丈夫か。と、立ち上がろうとすると、急激な吐き気。

で、ズボンもあげてないのに、そのまま振り返り吐く。

シュンシュンにかからないように吐く。

けつ出したままやし、ゲロ吐き、授乳、ってどういうこと。やわ。

で、なんとかズボンを上げ、フラフラになりながら、寝室へ。なにこれ。手までしびれてきた。力が入らずシュンシュン抱っこしてられへん。

 

やばいと思い、シュンシュンベッドに寝かせて、鍵を開けにダッシュ。

寝室に戻り、私は出せばなんとかなるだろうと思ったんですが、トイレに籠る間、シュンシュン置きっ放しにできないので、助けを呼びました。

 

近所中に呼びかけ、1番呼んだらあかん人。テンパリーナはるこ(母)がさっき帰ったばっかりなので起きてて、来てくれました。

想像通り、シュンシュン見ててくれたらええねんけど、意味不明のアドバイスをし続ける。優しいんだけどね。

ま、もう慣れたので、そのへんは聞き流して自分に集中。それでもごちゃごちゃうるさい。

集中、集中。


吐いてはトイレ、下しては籠る。

それでもテンパリーナは、外から立てないの?しんどいの?と声をかけてくる。

集中。集中。


4.5回繰り返し、胃が痛くて仕方ない。

すると、最後に突然マーライオン並みに吐いた。もうお腹の中は空っぽ。


リビングの壁に脚を上げお腹に手を置き温めながらビパリタカラニ。冷た〜くなった皮膚に体温が戻り始め、顔色も戻り痺れが取れた。

これで大丈夫と、寝室に戻る。母ついてくる。

私の様子を見るのかと思いきや、隣のベッドで大いびき。笑けて寝られへん。帰ってもらった。


朝の4時までしっかり寝れて、いつも通り洗濯回して、すべての窓を開け、おかゆ炊いて、授乳して、練習は少し後でしようとリビングのベッドで一眠りしてたら、またテンパリーナが来てくれた。

もう治ったよって連絡しといてんけど、心配してくれたんやろね。わかるけど、寝てるそばでぶつぶつ独り言。うるさい。

集中。集中。


炊いておいたおかゆを入れようとする。

いや、まだです。


せっかく寝たシュンシュンの顔面をガン見。

やめろ!そして、私を撫でる。寝られへんやん。熱測れって。眠いので無視。

そしたら、私のお腹の上のグーに体温計握らした。


33度やないの!


当たり前じゃ。ほんま帰ってくれ。

結局起きて、練習し始めたら、お腹の調子がめちゃくちゃ良くて汗だくなるまで練習。

スッキリして今日はゆっくり過ごします。


こないだの大雨の時から、おうちでじっとしてるのに、いつものように水分摂って、その後の暑さでアイスコーヒー飲んで、身体に溜まった水でむくみ始めて、腸が硬くなってたのを鍼で緩めてもらって、朝からクリヤでゴイゴイ動いたのがすべてパチーンとタイミング合ってもたんやろな。

いらんもん全部出た。2キロ近く体内の水が排出されました。ハードなデトックスでした。