産後うつ

産んでから毎日感動ばっかりしてて、毎日泣いてばっかりです。幸せ過ぎて泣けてくるねん。
これが産後鬱なん?ちゃうか。

駿くんが生まれた日。処置やら落ち着くまでで、夜中になりました。早朝の入院から、ただ待つ。というなんともしんどい時間。
そして、妊娠してから産む日までただ待つ。これも長いよね。どういう状態か想像してもしきれないもんね。
そして、酒とタバコ、リゲインしか飲まない生活から、再生するまでただ待つ。長過ぎよね。
20年以上、すべての瞬間のそばにいたうちの三木さん。待っていたのかは別にして、ただ見守ってくれてたことを実感してる。

駿くんが産まれた次の日、私は個室に移動して、駿くんとの生活が始まりました。初めてだらけでてんやわんやでしたが、楽しくて、駿くんはずっとヘラヘラしてて、2人でヘラヘラ過ごしてたら、仕事の合間に三木さんは病室に来てくれた。3人で川の字で昼寝しました。
彼は本気で疲れてて、そのまま寝てしまった。しばらく眠って目を開けて、

「こんなに安心して昼寝したの初めてだ。」

と、言いました。その瞬間、出会ってから今まで心配ばかりかけてきたなーと、ありがたくて泣きそうになりました。こんな日が来るなんて、こんなに幸せを体感する日が来るなんて思ったことなかったなーって。

私にできるすべてを家族のためにしたいと思いました。幸せすぎて泣く私みたいに、幸せであってほしいなぁ
自分だけが大変だと思いがちだけど、三木はんも、周りのみんなもそれぞれ大変で、それぞれ変化に戸惑い、日々成長し、また変化する。
全てのものが変化して、成長して、そんな繰り返しだと忘れないでいよう。

仕事に行く前には、駿くんの耳元で  
 
「幸せだなー」って加山雄三ばりに呟いて出て行く三木さん。船燃えまっせ。
平和な日々に感謝。

この妊娠、出産の間にいろんなことに気づかせてもらい、愛されていることや、大切なもの、感動や、決意。いろんなことがすべてグルグル繋がって駿くんという形になった奇跡に感謝して。

今日もまた幸せすぎて涙が止まらないのです。