大きな声で

退院してきて、うーちゃんと再会。
そして、駿くんと初対面!
ただただ喜んでくれるうーちゃん。
この命を大切にしてくれる存在がいるだけで幸せな気持ちになる。
うーちゃんが5歳の時に出会い、今年は五年生。
あっという間でしたが、ここまで心の中を話し、魂の声を聞きあいながら過ごした人はいない。
いつも共感し合えるこの関係はとても不思議で、私の最大の支えでもある。
そして、うーちゃんの家族もそうです。
私のタイミングを大事にしてくれて、いろんなケアをしてくれています。いてくれてるだけで安心します。
初対面の時は、みんな駿くんガン見でおもろ過ぎた。酸素なくなるわ!ってほど近い。
昨日でちょうど1週間。
まだこの世界にきて1週間。すごいよな。
わけがわかりません。

最近は大きな声で泣くようになって、強くなっているのがわかります。泣いている彼を抱っこしているとき、こんな事を感じました。

違う星で前の命を終えて、今回は地球に生まれて来たわけだけど、その前の星の人に、

無事に着いたからねー!って叫んでいるような気がしている。そして、みんなに会いたいよー!って泣いている気がしている。死んじゃった悲しみや寂しさを感じて、生後4日目まではそちらの世界に戻っちゃう気がして、必死でここに来たんだよー!って伝えてた。お願いだから前の星の人たち、誰も連れてかないでー!って。

そして同時に、彼はこの星に会いに来た人がいて、僕はここだよー!って叫んでいる気がしてる。どんどん満ちてくる命の強さみたいなものを感じる。
大切な人に会えるように、私は頑張って育てていこうと思う。

駿くんが泣くたび、そんな死や生を感じ、感動ばっかりしてんねん。っとうーちゃんに話すと絶対そうやわ!と涙目になって聞いてくれてた。
もちろん泣き始めは、うんこやおしっこや、暑いや寒いやねんけど、あんな命がけで泣くほどちゃうやん。って思うわけ。
だから、オムツ替えても泣き続けたりするときは、どんどん泣かせるというか、誰かに届けー!って私も祈る。

駿くんが大切な人に会えますようにって、泣くたびに祈る。この地球で、私の胸の中で、幸せに生きることをただ祈る。

彼は泣き止むとニヤリとする。
テレパシーが通じたんだと思ってて、よかったねー!って。きっと会える日も近いんだな。
だからね、大きな声で泣くたびに私はちょっと嬉しいというか、一緒に祈るんだ。

こんな頭おかしい私に100%共感してくれるうーちゃんがいるだけで、私はとても幸せだなーって思うこの頃。私は彼女に会うために地球に来たんだと思う。