助けられたもの

食べたらあかんかったものの反対に、助けられたものもたくさんありました。

これは、スタジオでも共同で購入しているものもたくさん含まれます。

病人さんや、妊婦さんへの贈り物にもオススメです。

 

まず、「自然薯」

つわりで2ヶ月で4キロ、5キロと痩せていき、ほんまにこのまま死ぬんかと思うくらい呼吸も浅くなり、生気がどんどんなくなっていった頃、鍼のふくちゃんに本当に助けられました。

何も食べられない。食べても1口。吐きそうなのに、吐けない・・・みたいな頃、ふくちゃんが大層立派な「自然薯」をくれました。これはほんと助かった。

匂いもないし、少量でおなかに溜まるし、栄養満点。1メートル以上ある自然薯を3、4日で食べきるほど食べやすく、私の力になりました。

擦ってお味噌汁に入れて、お餅みたいに食べました。すごく元気になり、その後、お芋なら食べれるようになり、毎日サツマイモや山芋を焼いて食べました。

 

「お塩ちゃん」

これは私のヨガの先生から紹介してもらってから、うちのスタジオでもみんなが使っています。全てが美味しくなる魔法のお塩です。少量で素材の味を引き出します。

このお塩ちゃんをこの春独立する娘さんに持たせる。という生徒さんもいました。これはいい考えだね。

 

「よもぎ茶」

この野草茶は、冷えにもいいし、胃腸が気持ち悪い日にもすっきり飲めました。

無農薬のものをオススメします。

 

「セサミオイル」

これは、副鼻腔炎が最強に辛い時、何人かに紹介されていて、半信半疑で使い始め、ほんとに治っちゃったので、みんなと共同購入しています。

お風呂で全身をマッサージ。会陰や鼻の中、口など、粘膜にもしようするので、コールドプレスのものしか使用しません。なんでもいいわけではないので、ご注意ください。

これのおかげ様で、妊婦だろうが「むくみ」「冷え」も無縁でした。

クラスでみんなでやっている「乳はがし」マッサージする時にもオススメです。乳首のケアや母乳準備にも最適です。無理なくほぐせますので、毎日少しづつマッサージしていると、乳腺のつまりも防止できますよ。

この「乳はがし」は、加齢とともに、どんどん垂れてくる胸をぷっくりさすこともできます。

 

「手前味噌」

毎年自分で作っていたお味噌です。

これほど簡単で、美味しく、滋養に満ちたものはないです。みーーんなに作って欲しいです。超簡単。私の宝物です。

 

「たんぽぽコーヒー」

妊娠するまで、「こんな土みたいな味のもの飲めない!」って思ってたんですが、不思議なことに味覚が変わり、毎朝これを飲むようになりました。

体を温めたり、母乳にもいいようです。

 

「甘酒」

砂糖を摂りたくないので、調理の時の甘みはすべてこれでしました。

切り干し大根の味付けにも、卵焼きにもね。

 

などなどです。

また思い出したら書くね。