つづき

さて、続きです。

あ、ビジネスね。

 

お金儲けってすっごい簡単なんだよ。

ただお金もらうって、すっごい簡単なの。

 

でもね、ほしいお金をもらうってすっごい難しいの。

そして、ほしいお金をもらうってすっごいおもしろいんだ。

 

ただの金儲けのコツ

人を不安にすればいいのです。

どんどん不安にして、そうしか道がないと思わせれば、人は驚くほど金を払う。

足元グラグラの人ってこの世にいっぱいですから、そんな人をもっと不安にさせて、搾り取ればいいんだ。

 

でもね、これ、ぜーーーーーんぜんおもしろくないんだよね。

ビビるほど疲れます。

仕事終わりの酒ないと、無理だよね。

 

では、どうやって「ほしいお金」をもらうのか?

それは自分の人生をクリエイトする能力を上げ、成長し続けることが、人の役に立つことに繋がり、なにより自分がそれで幸せで、やめろって言われてもやりたいことであることだったりする。

だから、時にその時、金銭的に損します。でも、損だって感覚がない。

赤字が学びであり、黒字が次の誰かのためだったり、お金に対する感覚が金儲けとは次元が違うんだ。だから、死ぬほど考えて、全身全霊で取り組むんだ。

 

それが私のビジネスです。

楽しくて仕方ないもの。

おもしろくて仕方ないもの。

自分をちゃんと含んだ、すべての人の喜びにつながるもの。

 

仕事がうまくいかないのは、職種の問題ではない。

だから、何回転職しようが、天職に出会えないのだ。

天職、使命が見つからない。って人は「これしかできない」という思い込み。「この仕事は世間的にまっとうだ」「無職よりまし」など、自分にとって、「仕事」がどういうものであるか?が不明確な場合であったりするんだよな。