自分の感じることを大事に

私が布ナプキンを使うわけ。みんなにオススメしているわけではないよ。やりたかったら勝手にどうぞ。なんでも聞いてね。
遅い高校生で初潮を迎え、病み病みガリガリの私は、30歳くらいまで、年に何回かしか生理がきませんでした。でも、その方が楽なので病院に行くこともなく、ラッキー!くらいに考えて放っておいた。
生理痛もない私でしたが、生理中や日常でストレスを感じると、やはりどこか不具合を感じます。身体が硬く硬直するような、緊張するような感覚。それがとても苦手でしたが、我慢するしかない・・・。
人によっては、布ナプキンを使い始める理由が、吸水ポリマーが身体に負担だとか、経済的にお得かもとか、自然派のみんな使っているからとか、不妊治療の一環とか、いろいろあるだろう。
私の場合は、興味本位だけで使ってみた。その時の感覚。「わー、快適!あったかい。」でした。もちろん、はじめは漏れないのかしら・・・の不安でお家から出れなかった。月に1回なので、練習といっても、多くても年に12回しかないわけ。そうやって使用するたび練習というか、快適を継続するための方法を模索していたの。だんだん膣に経血が貯めておけるようになり、トイレで排出。できるようになると、たいしたことない。特殊な能力ではないです。おむつがすぐ外れない子もいるように、難しく感じる人もいるけれど、パンツになった後は、よっぽどのことがない限り、パンツにおしっこ漏らすとかないでしょ?それと一緒さ。
畑をするようになり、食事が最高になったり、ヨガで鍛錬を重ねたり、鍼で病気の前に解放していったり、楽しいことをいっぱいしていると、ついに身体は冷えなくなりました。なんと快適なのでしょう。生理は12回来るようになってしまいましたが(笑)、月に1回のデトックスのリズムは、私にとって大事な時間になりました。自然と共に生きるという感覚が心身に芽生えたのです。
続けるコツもあるんだよ。
経血はまさしく、血液なので、普通の洗剤では落ちにくい。だから血液用の洗剤を用意する。それだけです。それを小さなバケツに入れ、つけとくだけ。あとは、普通に他の洗濯物と一緒に洗濯してもいいし、すすいで干すだけでもいい。手間です。でも、この快適さを手放すつもりはない。
ただそれだけ。
身体にいいから。とか、
経済的にお得。とか、
環境に優しい。とか、
冷えがなくなる。とか、
そんなの全部結果論。
そんな理由どうでもいい。
自分自身がいつもいかに快適に、過ごせるか?って大事にしたい。
それだけで、物事に向き合う姿勢は変わる。イライラ、トゲトゲの状態でその場を乗り切るようなことはしなくていいよね。のっそり、どんくさいけど、じっくり自分に向き合い、寄り添ってあげるのはまず自分です。
だからね、赤ちゃんが生まれたら、布おむつに決めています。
おむつが外れやすくなるから。
精神的に落ち着く らしい。
理由はいろいろあるんだろう。
でも、それすらどうでもいい。
私が身体に合うものを見つけっちゃったから。
ただ快適だから。
それだけ。
洗濯は手間です。きっと面倒臭いことばっかりです。そもそも布おむつ高いし。でもさ、その手間を省いてそれ以上になにが大事なんだ?ってことで、布おむつ。
おっぱいあげて、おむつ変えて、抱っこして、ねんね。
それだけしかできないわけだからさ。
結果を期待して、なにかをするっていうのがどうでもよくなったのさ。
ただ生きるってことを大事に生きたいなーって思ったのさ。
みんなそうやって、それぞれ自分を大事に生きれるといいね。

 

やり方はみんなそれぞれだもんね。
正解を探すんじゃなくて、その度に自分自身の感覚を大事にしたいね。