神戸市須磨駅から徒歩8分

news

練習日は、毎週日曜日。(5月9日、23日、30日)

10:00〜11:30

 

チケットの方は1はんこ

都度払いの方は2500円です。

*karuna yoga*studioのyokoです。

「なりたい自分になる」なんていう言葉が流行りましたね。ヨガは「何かになるためのもの」ではありません。

 

自己との「対話」のために、マットに上がり日々練習します。そしてそのたび「自分自身に気づく」のです。「本来の姿、本来の場所、本来の感性を思い出す」のです。ヨガは「本当の純粋で自然な自分に戻る道」のようなものです。練習のたび邪魔をしようとする心を静かにし、本来の輝きが眩しすぎて目を閉じそうになる心身の扉を開きます。なつかしい古い自分を手放していく作業です。だからゆっくりがいいのです。じんわり味わうように向き合っていきます。

 

 

ヨガには「冷え」「慢性疲労」「不眠」「生理不順」「肩こり」「腰痛」「うつ」など、様々な心身の不具合を改善します。ですが、「治療」ではないのです。マットの上に大地に根をおろすように足を強く立てる自分に気づき、そんな自分の脚を、身体を愛おしく感謝し、両手いっぱいに広げた胸で大きな呼吸ができる自分に気づき、そんな新しい呼吸を受け入れた自分の勇気に感動し、そうやって当たり前のようで、当たり前でない自分に気づくと、もうね、感謝でしかないわけ。

もちろん生徒さんによって、学びには段階があります。一足飛びに「悟り」「解脱」を目指すような練習ではなく、各個人にクラス後、「練習記録」をつけていただき、交換日記のようにやりとりをしています。うまくいく日もあれば、そうでない日もある。そんなみなさんの純粋で、正直な声を毎回受け止め、次のクラスに繋げています。10歳から73歳まで、学生さん、主婦、社会人、妊婦さん、親子で、夫婦で、ご家族で、いろんな方が通ってくださっています。
そもそも「他の方と同じように動けない」それでいいと考えています。それぞれの方が、ご自分自身とそれぞれの気づき、「対話」を行える場である以上、私は身体能力などは一切求めていません。
そうやって、「なにかになろう」「何か能力をつけよう」「資格を取りたい」などのためにマットに上がるものではなくなると、ただただ「いま」に「感謝」し、「喜び」に満たされます。自分が自分を「愛する」ということを体感するのです。なぜ生きているのか?なぜ生かされているのか?という意味を知るのです。
そんな時間や空間を作りたくて、自分のスタジオで細々とハタヨガをお伝えしています。練習のたび生まれ変わったように、虹や流れ星を見つけた時のような生徒さんの表情を見ると、それだけでこの場にいさせてもらえる感謝が溢れてきます。スタジオオープンし、ハタヨガをお伝えし始めて、そんな10年をずっと過ごしてきました。
理屈やないねん!直感を開きにいらしてください。
その直感はあなたを無限の可能性に必ず連れて行ってくれます。ヘラヘラ何も求めずいらして下さい。


ヨガは日々発見だらけです。私にとってのライフワークです。これからの10年もずっとワクワク過ごすことでしょう。自分自身、これからも生きていくこと自体がとても楽しみです。ヨガに出会えたことは必然だったのだろうと思います。運命っておもしろいです。




代表 三木陽子
神戸市須磨区在住。27歳の時、ハタヨガに出会う。
32歳、自己スタジオを神戸にてオープン。
43歳、初出産を経験する。
食事と身体の関係についての研究が趣味です。そのほかにも、洋裁、音楽、ものを書くこと、ハワイの海で浮く、自分の直感を大切にしています。

 

下のラインアットに登録してね。

日々の練習方法や臨時休業のお知らせもこちらで送信します。

一斉送信されてきますが、返信はすべて各個人のやりとりになるので、安心してご利用ください。

みんなにお役に立つ情報を配信していきます!

一般アカウントは@jun9380gですよ。ラインで探してね。

友達申請してくださいね。
http://line.me/ti/p/%40jun9380g

 


yoko yoga class


クラスの内容は、ほぐし、呼吸法の練習、アサナの練習、瞑想となります。

毎週日曜日。(5月9日、23日、30日)

10:00〜11:30


回数券10回券 20000円(有効期限なし)
一回ずつのお支払いの方 2500円


無料駐車場ございます。
ご予約の際、必ずお伝えくださいね。ご案内します。

 

 

 

妊婦さん、回復期などそれぞれの体調はご予約時に必ず教えてください。参加される方は、いつも通り入室前に手洗いうがいなどお願いします。発熱があればおやすみして下さい。
ご予約方法は、下記のラインアットに登録していただき、ラインでご連絡くださいませ。
ラインアットは、私からの一斉送信もできますが、その文面に返信してくださったものは、個人のやりとりとなりますので、他者に読まれることはありません。
もし、ラインアットの登録など、不具合のある方は、こちらから、ご予約、ご連絡くださいね。
24時間以内に必ず返信しておりますので、24時間以内にこちらから返信がない場合は、メールボックス内のゴミ箱、迷惑メールなどご確認くださいね。



special

2021年3月須磨区潮見台のスタジオ再オープンします。

潮見台は、静かな住宅街です。お庭を見ながら練習します。

お着換えのお部屋ございます。

駐輪、駐車場(最大8台)完備。

駅から徒歩8分(山道なので、お帰り道は下りとなり、5分ほどで帰れます。笑)

いままでのチケットそのままご利用できます。

 


*yoko blog*

初めてのお花

昨日、父さんとこそこそ何やら企んでいるので、そのまま放っておいたら、勝手口からじゃーーーん!ってお花くれた。

母の日かぁ。

駿太朗は先月3歳になり、幼稚園に行くようになり、なんか1か月しか経ってないのに、成長が早すぎて目が回るほどです。

そんな3歳の駿太朗から初めての母の日のお花でした。そんな日があったりするのを父さんに教えてもらったけど、なんもわかってないけどね・・・。

昔からカーネーションって花が嫌いで、自分で買ったことなかったんだけど、うれしいもんだね。

なんだかカーネーションが好きになりました。

 

私も母にお花を毎年贈るのですが、カーネーション選んだことなかったなー。

派手な母なので、なんかゴージャスな感じにしたかったのよねー。

そんな母と同じ「母」となり、前に記事にしたけど、産んだ直後にあまりにも感謝の気持ちが出てこないので、自分がおかしいのかと思いましたが、年々理解できるようになってきた。同じようにはしないけどね。

こうして考えてみると、「母親業」ってね、めちゃくちゃ孤独なんよ。

同じように子育てしている仲間がいても、結局こどもそれぞれなわけで、とにかく「答えのない中」必死なわけ。だれかに「そうやねー」「頑張ってるねー」と言われるだけで救われる日もあります。

誰かに変わりにしてほしいわけでもなし、投げ出して違う人生を生きたいわけでもない。

でも、とにかく体力と気力の限界をすぐ超えてきよる。

アドバイスいらんねん!とよく言うけど、やること増えるだけやねん。いまで100%なわけ。

まずそこからやねん。

褒めてほしいわけでもないねんなんて言うと、どうせえっちゅう話に聞こえるけど、温かい目だけでええねん。

 

駿太朗の幼稚園についてまた別で書くけど、その幼稚園の先生がまさにそんな人やねん。

ただ優しいとかちゃうねん。

めちゃくちゃ説明難しいねんけど、「連絡帳」があって、そこに連絡も書くねんけど、保育の様子も書いてくれる時がある。ほかの幼稚園でもあってんけど、そこが明らかにちゃうねん。

内容のしょーもなさってわかる?

 

「先生」って立場で子供を見ている人の言い方やないねん。

そんな心の小さな動き、そんな癖あったんや。そんな行動できるようになったんや。

ってことの小ささこそがめっちゃ素敵やねん。なわとびできた!とか、自転車乗れた!とかそんな大層なことを子供に要求する保育ってわかる?ハサミ使えた。次は字を覚えて、次はかけっこがんばって。とか、大人が子供を誘導するような保育じゃなくて、駿太朗が自分でやりたくなったことを見守ってくれていたり、勇気を出して仲間に入ろうとしたことや、違うお友達といつもと違うことをするようになったとか、「しょーもない」やろ?でもこれが親が知りたいことっていうか、自分がこどもを育てていて見ているところやから、めちゃくちゃ安心するねん。親みたいにただ見守ってくれるのが私の心を支えてくれる。なんのプレッシャーもなくて、先生のそんな優しい温かい目がこどもの優しさを引き出したり、寄り添ったり、安心してチャレンジさせてもらえる空気っていうのかなー。

ほんまに安心してお任せしているねん。

そんな幼稚園あることみんな知らんやろ?

せやし、また記事に書くわ。

 

森のようちえん。園舎もない。ずっと野外活動って聞くと、「野生児を育てる」みたいに思う人いるやろね。ちゃうよ。

自然の中にいると勝手に自分の小ささを知る。

でもね、同時に可能性も知るねん。

それって体感しないと育たないやん?本で読むことちゃうねん。

こんな幼稚園のこといっぱい伝えていきたい。

学ぶことばかりですが、親も同時になんのプレッシャーも与えられず、ほんまに救われています。

ただ子供や母親の心のそばにいてくれる先生たちやねん。

 

またゆっくり書くね。

知りたい人いたらぜひ紹介してあげてください。

 

 

 

こころのそばに。

元に戻れた。

コロナ禍でさ、人に会わなくなる前から産前産後含めると早5年も思うように人に会えなくなってた。産後元気でもさ、もう同世代のみんなは子供が大学生だったり、大人なわけで、そんな中赤ちゃん来たら初めはええけど、めんどくさいやろ。

私もそうでした。だれかが産んだら友達リストというか、飲み仲間からは排除してた。

それが嫌やった話じゃなくて、その時はその時に必死になることあって、それ以外考えている暇もないからさ。

 

今回は「人に会う」って話。

 

いまは、みんなほぼLINEでしょ。

便利でええけど、それはその中のコミュニケーションで、「会う」とは違う。

それはこのコロナの状況になり、みんなが感じだしていることかもしれません。

でね、私はほぼ野外での活動なので、比較的人にも会うというか、外で話すねん。

あることをきっかけに、私は「自分に正直に、(ま、もともと馬鹿正直だけどね)もっと直感で生きる」って決めたというか、「わたし幸せになってもええんや」って思ってん。

誰かの役に立たんくてもええんや。って。

もちろん役に立つのはええことやし、助かることやけど、そこを軸に自分の価値みたいなものを考えないって感じかな。

 

で、最近の宇宙人の出会いから、はっと気づいてやり直していることがある。

宇宙人の会が終わってみて、「あれ?わたし誰にかっこつけてるんやろ」「どう思われたくてあの話したんやろ」って。もやもやしてん。

これはほんとにありがたいことにめちゃくちゃ心の近い人に会えたってご縁のおかげさまやねんけど、なんか、嘘ついたりしたわけじゃなくて、もちろん話をおもろくしたい!ってのもあるけど、なんかほんまの無意識レベルで「こう思われるといや」とか、「そう思われたい」があるんかなーって。これは思考の癖なので、すぐどうこうちゃうねんけど、この人たちの前では自分のままでいたいと思えたんよなー。がんばってない、どうしようもない、おもろない、そんな自分でもええわ。って。

もしかしたら、「めんどくさいやつ」「きも」「そんなん知らんわ」って思われても、なんかええねん。私が好きやし、それでええわって。なんかぐるん!て元に戻れた気がした。

わたし、そういう人やったなー。ほんでその自分のとき、めっちゃ自分も好きやったなーって思い出した。がんばるよりもわくわくして、もう考えるより前に動いてたなー。って。

 

動きすぎでいろいろ迷惑かけたので、そこは少しは成長したのと、老化もあるのでぼちぼち行こかな。

実際に人に会うって喜びや発見があるなー。

 

 

こころのそばに。

悩むっておもろい

悩むって大事やな。と気づく昨日。

なんか最近やたらと、SNSの広告でだるっと目元。みたいな広告出てくる。年齢や性別で出てくるんだろうけど、そんなこと気にしたことなかったので、見ることもなかったんだけどね、ビビるほど出てくるねん。

ヒアルロン酸の鍼美容みたいなやつ。

でね、見てみると、成分が寝ている間に目元に入って、朝起きたらふっくら。みたい。

 

悩んでいる人には救世主なんかな。

で、考えててんけど、悩むってあかん行為やと無意識に思ってない?

悩むって、良くも悪くもない行為なわけですが、その悩みによって2つの道に分かれるよね。

そこが面白い分かれ道で、1つは、悩むことで気持ちが「落ちる」人ね。しょーもない根拠のない、それっぽい情報ばかりが目に付くようになり、余計不安になり、悩みが増す人。

 

そしてこっちの人。悩む=なんでやろ。の人。このヒアルロン酸の例でいうと、「目元や顔面が落ちてくる」が悩みなわけでしょ?それはなんでやろ?やねん。

もちろん細胞が老化して落ちる。そうやねんけど、それだけちゃうやん。

顔面っていろんな部位があるでしょ?例えば、おでこ、目、頬、口、大きく分けてもこんだけあって、しかも頭皮も顔やん。顔と繋がっているからね。

下がってくるってことは、うまいこと筋肉が使えてないねん。

せやし、いくらその悩みの部分になんかの汁を入れまくったところで、下がってくるねんから、あとは、よく整形の失敗みたいなんで見るけどその部位を腫れさして「ふっくら」と勘違いするしかないやん。

でさ、この顔の筋肉で1番動いてないというか、動いてると勘違いしている筋肉が頬です。

頬自体を引き上げるってできる?

引き上げているつもりが、口で持ち上げて余計にほうれい線作る人もいるし、引き上げているつもりが、目がそれを持ち上げちゃってる場合もあるやん。

これはヨガのクラスでもいつもお話しするけど、いろんな部位は連動しているんだけど、腰や太ももはめっちゃ頑張るけど、その間の股関節周りまったく動いてないとかさ。よく言うてるでしょ。それと一緒やねん。

 

とりあえず、鏡持ってきて、頬の筋肉だけで引き上げてみ。上がらんから。

そして、ここで1番大事なこと。動いてないってことは、いまから「動く可能性に満ちている」ってことです。伸びしろしかないねん。動かないから、そこは動かない場所じゃなくてね。「あきらめないで!」(真矢みき)なのです。

 

私はヒアルロン酸やらなんやらには全く興味がないのですが、こうなってくると俄然やる気が出てきちゃうわけです。頬動かんでー。でも毎日やってみ。絶対動くようになるから。ほんでその途中がめちゃくちゃおもろいねん。頬が動こうとする変化。まず、口しか動かん。目しか動かん。そこを手で押さえて動かないようにしながら、練習。でも、全く動かん。

で、手で動く方向を頬に教えます(優しくね)。すると、何回かすると頬が動き出す。そして、なんか痙攣みたいにぴくぴくしだしたり、いつでもやりたくなって、コーヒー飲みながら、テレビ見ながら、運転しながら、遠くを見つめながら、逆ウインクしている変な人です。

でさ、ここまできたら、自分の顔がなぜ下がって見えるのかが見えてくるねん。

頭皮が固い人もおるし、食いしばりすぎの人もおる。

顔の各箇所をほぐしてあげるだけで、めちゃくちゃ顔色変わるぜ。

 

また知りたかったら、クラスで言うてね。

私の新技見したるわ。

 

ま、そんな話はええとして、本題ね。(おそっ!)

悩むことは別にええねん。そこから「なんでやろ」に進んだら「落ち込む」ことがないよってことさ。そもそもそういうことかーって逆にあきらめるっていうか、手放せる。ほんだら、あとは情報収集。ここ大事。根拠のない誰かが言うてた、知らんけど。な情報じゃなくて、お金もらって広告に出ている、ほんまの年齢かわからん人信じるんじゃなくて、ほんまのことを探すねん。意外とシンプルやったりするで。せやし、あとは「やるだけ」やん。やりたいならね。

 

そこからは、腐るな、諦めるな。です。

あーおもろ。

 

人体実験中のことが増えて、わくわく増殖中。

 

 

 

こころのそばに。

なんかすごいなぁ

みわころの部屋覚えてる?って絶対覚えてるよな。
その彼女に、ようこちゃんが好きなことを好きなように、ケラケラ笑ってやってたら、宇宙人は寄ってくるわよ。って言われてて、もう忘れてたんだけど、先日、ママ友と遊んでてん。そしたら、なんか急に気になって調べたんよ。
ウケる。
全員宇宙人でした。
この宇宙人の会は超絶楽しくて、9時間という時間をあっという間に越えました。

そんなこんなで、子育てし始めて、ほんとにありがたいご縁が繋がってとにかくワクワクする。
子育てってこんな楽しいんやね。
ヤバい。
今日は宝石のようなサクランボ積みに誘ってもらいました。幸せすぎる時間でした。
駿太朗は近所のお兄ちゃんたちとサッカーに出かけました。
ウケる。急に成長してさ。オレの!とか言うねんで。笑かしよる。
塀によじ登り子供たちと摘ませてもらいました。
そこに行くと、私の大好きな友人も来てて、なんかみんな繋がってることがありがたいなぁ。


こころのそばに。

実験中

いまさ、人体実験中のことが2,3個あってさ、おもろい。

私は超単純な人なので、何をやってもすぐ変わるんよ。

あかんことやったら、あかんようになるし、ええことしたら、ええこと起こる。

おもろいでー。

 

その中の1つは、人にしてもらうことなんやけど、超不思議体験。

まだ明確な結果はないので、詳細はまた今度書くけど、人に身体を調整してもらうって難しいというか、自分でやっていることちゃうから、バランスとるの難しいねん。

例えば、肩こり取りましたってありがたいことかもしれんけど、どうやって取れたかわからんから、身体は快適でも、脳が理解してないから、元に戻ろうとするし、よくいうもみ返しとかそうやん。

快適なはずやのに、もっとつらくない?

 

で、今回受けたものはさ、ほんとに不思議で超痛いし、意味不明なんやけど、筋肉どうこうやなくて、骨格自体が変わるから、頭蓋骨が変わると、思考変わるんだってことを感じた。

この旅は長旅になりそうですが(知らんけど)、なんか挑戦してみたいので、しばらく通ってみようと思います。超絶変化する予定です。なんかいろんな思い込みが取れそうですよ。ぬひひひひひ。

また紹介するね。

 

こころのそばに。

きれいな流れ。

なにか苦しいことを乗り越えることが、修行僧のように生きることが、大変であればあるほど、なにか人間的に成長し、そもそもそうして生きるしかないと思っていたけれど、生きることって、きれいな水の中を流れていって、そのつどたどり着いた場所を自分の場所にすることなのかもしれない。そんな場所や人を繋いでいくことが生きることなのかもしれないなー。

すると、未来はただただカラフルで、可能性や光に満ちているものになる。

 

病気やケガ、苦しいことが起こっても、そこにはなにか学ぶべきものがあるだけで、そのタイミングでその都度感じるなにかをえるための時間なんだな。元に戻るための時間じゃなくて、ずっとずっと前に進む、きれいな流れでいるだけでいいんだな。

 

 

こころのそばに。

 

 





みんなへおすすめ 本、いろいろ

毎日少しづつほぐしておくと、どーんと疲れが溜まることもなく、日々が快適ですよ。安くなってなので、載せてみた。


お酢ね。胃が弱い人はいっぱい飲まないでね。

うんこ出にくい方には特にお勧め。お腹がスッキリします。私はこころのモヤモヤにもお酢がいいと思っているので、よく飲みます。ほんとにスッとするよ。

とにかく美味しいので、飲みすぎないでね。

子供さんにもいいよ。


この本読んで!すっごいシンプルにすべきことがわかるから。やりたいことが明確になると、いらないものは自然と手放してるもんです。



世の中の悪者を探したいんじゃなくてね、知ることの大切さを学びました。これはすごくわかりやすくて、自分の体調不良の原因だということもよく理解できますよ。




アミちゃんシリーズ3冊です。この本で愛を感じてくださいね。まるちゃんの絵だけど、絵だけね。

作者は違うよ。





年齢関係なく、女性なら絶対読むべし。

男性が読んでもいいけど、ほんまに人間として読んで欲しい1冊です。



このお塩以外に食べれなくなるほど美味しい。っていうか心に届くミネラルです。

 

おにぎり注意!食べ過ぎてしまうほど美味しいから。食材の旨味を存分に引き出してくれます。

スタジオでも置いてますが、ラクナール。

笑けるネーミング。でも、ほんまにラクナール。

やばいぜよ。

使用方法は必ずyokoに聞いてね。

おなかへっ込みまっせ。後ろ普通に振り向けまっせ。



一気に読んじゃった!

目に見えている世界だけじゃないんだよなー。


私タロットとか無理なんです。でも、ユニコーンやばい。

すっごい助けてくれます。やったことない人はyokoに聞いてね。おもしろいよー。




ビワの凄さは言葉にできない。

日本がビワの木だらけになればいいのに。




私ね、テレパシーできるねん。

これ。それです。


パウロ コエーリョさんの本はすべて読みましたよ。大事なことって変わらず残るんだよねー。